i230アイアンライ角調整後、実践投入してきました

クラブセッティング

皆さん、こんにちは。

前回のラウンドですが、色々とテストをしながらラウンドしてきました。

テスト内容としましては

・ドライバーを2種(PING G410LST と PING G425 SFT)を持ち込み球種の打ち分けをテスト

・ライ角調整したアイアンのテスト

・新規58度のウェッジをテスト

・パター2種(テーラーメイド トラスパターとピン アンサー2)を持ち込み打ち比べ

を行ってきました。

今回はアイアン編を。

前提として、i230のライ角を変更した理由はこちらの記事になります。

当初、i230の標準ライ角を使用していたのですが、

どうもクラブの先端側のソール側が芝に当たり、当たり負け(芝負け?)してフェースが開いて右に飛ぶ。

それを嫌がって左に大きく引っ掛かると言う状況でした。

中古市場でi500アイアンの2度アップライト使用を見つけてそれを購入。

アイアンの調子がすごく良くなって試合にi500で挑みました。

すごくボールも飛んで良いアイアンだなぁと思うのですが、スピン量も少なくて中々グリーンをキャッチ出来なかった事から

I230アイアンのライ角調整をメーカーさんでやって頂きました。

結果的には、ライ角調整したi230アイアンは好印象です。

基本的に飛距離が10ヤードピッチなので、ピンに対してビトウィーンの距離であっても、5ヤードオーバーか5ヤードショートかという計算でショットが打てます。

(上手くは打てないですが…)

奥よりはグリーン手前でいいわぁと思えば、手前に打てます。

少しフライヤーしたかな。と思ったボールもグリーンの端っこで止まってくれています。

結局、飛ぶアイアンも魅力的ですが、止まるアイアンが必要なんだなぁと思った次第です。

大きなミスも少なくて、後半はボギーオンが比較的可能な所までボールを運んでくれました。

来年の試合に向けて、熟成させていければ良いなぁと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

▪️メルマガ始めました。登録よろしくお願いします!

メルマガ詳細








コメント

タイトルとURLをコピーしました