スタックアンドチルトと回転式を混ぜてみる。

スイング

皆さん、こんにちは。

現状、スイングに関しては基本、スタックアンドチルトシステムをメインとしながら、そこに相性が良いと思われる回転式の理論を加味しています。

スタックアンドチルトについては下記に少し書いています。

最近、少しショットに当たりが分厚くなってきて、飛距離も少し伸びたような。

平生シーサイド ティーショット

回転式理論の練習で回転盤に乗ってボールを打つのですが、飛距離を上げるためには腕を振るのではなく、回転盤を出来るだけ素早く回すように体を使うとボール初速が速くなる感覚があります。

飛距離を出すためにテークバックで腕を高く上げなくても、回転盤を速く回す体の感覚で打てば飛距離が伸びると脳に思い込ませています(笑)

この回転盤を速く回す体の感覚は言語化して記事にしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

▪️メルマガ始めました。登録よろしくお願いします!

メルマガ詳細








コメント

タイトルとURLをコピーしました