体の回転は回転ではなくで側屈。

スイング

皆さん、こんにちは。

今、スタックアンドチルトと言うスイングと回転式スイングを混ぜ合わせて自分にスイングを作っています。

スタックアンドチルトと回転式を混ぜてみる。
...

回転式スイングでは回転盤に乗って、バックスイングでは上半身と下半身は右に回転して、ダウンスイングでは上半身と下半身は左に回転しながらスイングするドリルがあります。

ダウンスイングで腕をターゲット方向に振ってしまうと下半身に右回転の力が加わり上手く回転できません。

このように体と腕を使ってヘッドを多く開閉させながら走らせるスイングする理論も存在しますので、どちらが優れているとは言えません。

ただ、出来るだけダウンスイングでのフェースの開閉を少なくするスイングを目指しています。

この回転盤、中々優秀な道具と感じております。

自分の回転に関係する力を可視化してくれます。

体が回転するように力を出すには、どのように体を使えば良いかを教えてくれます。

体を回転するための力に出力方法は…

バックスイングで左側屈(左脇腹が縮まる動き)を行い、ダウンスイングでは右側屈(右脇腹が縮む動き)を行う

と綺麗に回転できるような力が出力されます。

そしてそれが、回転盤で行うと可視化されます。

体を回転させようとするのではなくて、左側屈→右側屈という動きが回転を作ると思われます。

また改めて実際のスイングに落とし込んで実証したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

▪️メルマガ始めました。登録よろしくお願いします!

メルマガ詳細








コメント

タイトルとURLをコピーしました