パーオン率の変化とスイングの考察。パーオン率向上の鍵:回転盤トレーニングの効果

スイング

皆さん、こんにちは。

ここ最近、10日間で3ラウンド行いました。こんなに立て続けにラウンドするのは、私にとって非常に珍しい経験です。

スコア:
87 → 82 → 85

フェアウェイキープ率:
57% → 57% → 64%

パーオン率:
16% → 27% → 38%

今回注目したいのはパーオン率です。率自体はまだ低いですが、距離感の違いで手前だったりオーバーだったりするものの、比較的曲がりも少なく、グリーン方向に飛んでいると実感しています。

基本的に、私は回転盤に乗って練習しているだけですが、どこでショットが曲がらなくなっているのか考えてみたところ、以前とリリースの仕方が変わっていることに気付きました。

回転盤に乗って下半身と上半身を同じ方向に回転させようとすると、手のローテーションが使えなくなります。手のローテーションを使うと、上半身に対して下半身がツイストのように逆方向に回転してしまいます。

そのため、できるだけ手を使わずにスイングすると、リリースの形がある意味「フリップ」するような形になります。このリリースの形が一番フェースの開閉が少ないと感じます。

つまり、これがアドレスで構えた方向に比較的飛んでいくのではないかと自己分析しています。

しばらくラウンドの予定がないので、基礎練習をしっかりと積みたいと思います。

回転盤リリース

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▪️メルマガ始めました。登録よろしくお願いします!

メルマガ詳細








コメント

タイトルとURLをコピーしました