アップライトなアイアンが合っているかもしれません。

クラブセッティング

ライ角のテストを行うために、
新しくPING i500というアイアンセットを手に入れました。

PINGの特徴として、ライ角がカラーコードで表示されており、
通常のライ角は黒いドットで表示されています。

今回手に入れたアイアンのライ角は、
グリーンのドットで標準よりも2度アップライトに設定されています。

今までのアイアンを使用するとトーダウンしてフェースが目標よりも右を向く傾向がありました。

しかし、今回のアイアンはライ角がアップライトなので、同じスイングをしてもフェースが少し左を向くことが期待されます。

これにより、右にボールがそれることが少なくなるかもしれません。

実際にクラブを手に取り、感触を確かめるために練習場に足を運びました。

結果として、捕まったボールが打ちやすい印象を受けました。

もちろん、少し気を抜くと左に引っ掛けることもありますが、
これはノーマルのライ角のアイアンでも同様の経験があったものです。

また、打点位置も通常のライ角のアイアンでは先っぽ寄りにボール跡がつくことが多かったのですが、
今回のアイアンでは真ん中付近にたくさんボール跡がついていました。

この感覚と経験を踏まえて、今後はショートコースなどで実際のプレーに挑戦し、
クラブがどのように機能するかを確認していきたいと考えています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

▪️メルマガ始めました。登録よろしくお願いします!

メルマガ詳細

コメント

タイトルとURLをコピーしました