ルックアップに挑戦。

youtube

皆さんこんにちは。

インパクトに向けて出来るだけ体を止めずに回したいと思っているあきさん(@akisan_g)です。

インパクトに向けて体を回していきたいのにどうしても体が止まって手打ちになってしまうと言う方に向けた内容となっています。

私も体が止まって手打ちになりますが、以前よりはかなり改善してきたと思っています。

最後までご覧いただければ幸いです!



以前していたスイング

以前と言ってもほんの少し前に「前倒しスイング」と言う理論が一世風靡した事がありまして、これを行うとボールが捕まると言う事で、一生懸命練習した事がありました。

このスイングはインパクト付近で腕をローテーションしてスイングするのですが、体を止めて打つ事でより一層ヘッドスピードが上がる(気がしてました)との事で、体を止めて打つ事との親和性が高い理論でした。

デメリットもあって、方向性はなかなか安定しませんでした。

フェースローテーションのタイミングと体の回転のタイミングを一致させなければまっすぐ飛ばないからです。

そして、その理論を一度捨てて体の回転で打つスイングを目指すことにしました。

今、しようとしているスイング

今、実際にしようとしているスイングは体の回転が主体のスイングです。

  1. 体を回転させることによって、インパクトでは体はオープンになる
  2. 前傾角度を維持するためにインパクトに向けて右肩を左股関節の方向に向けて体を折る
  3. フェースはオープンに使ってフェードを打つ

しかし、体の回転を阻害する事が2つあります。

それは「首」と「眼」です…

テークバックで首を回して、体の回転をフリーにする

テークバック時に眼とボールの距離を変えないとか、しっかりとボールを見ようとするあまり、首の筋肉が硬直して、テークバックの回転を阻害してました。

テークバック時にほんの少し首を一緒に回転させてあげる事で、スムーズに体が回転して深いトップが作れる様になりました。

ダウンスイングでは「眼力」を削いで、体の回転をフリーにする

ゴルフを始めた時に「インパクトでボールをしっかり見て」と言われた事がありませんでしたか?

ダフリとトップはボールを見過ぎる事の弊害ではないかと思っています。

ダフリとトップにメカニズムは…

  1. ボールをしっかりと見過ぎて
  2. インパクト付近で体の回転が止まり
  3. 遠心力によって手首のコックが解かれて
  4. 自分の思っているよりも早くヘッドが落ちてしまう
  5. それを嫌がりクラブヘッドを持ち上げてしまってトップする

ですので、「ボールをしっかり見る」と言う事を一度考え直す必要があると思いました。

ルックアップとは

と言う事で、究極にインパクトでボールを見る事をやめてみる事がルックアップです。

米国女子ツアーのレジェンド、アニカソレンスタム選手はルックアップして打つ選手の第一人者です。

もうほとんどインパクトでボール見ていません(笑)

彼女もボールを見すぎて上手くボールを打てなかったので、コーチからルックアップしてみたら?と言われて実践。体の回転を優先できた事で飛躍的にボールに上手くコンタクトできる様になったとか。

自分流・ルックアップの仕方

  1. テークバックしてからトップへ
  2. 切り返してから左腕が地面と平行になるタイミングまではボールを見ています
  3. 切り返しから左腕が地面と平行になるまでは出来るだけゆっくりと!
  4. そしてその間にボールとの距離を計っておきます
  5. 左腕が地面と平行になったら前傾角度が崩れないように首をターゲット方向に回しながらスイングしていきます

インパクト時にボールを見ている感覚は全くありません。

実際のラウンドでは?

ショートコースで実践形式でルックアップしてきました。

まだまだモノに出来ていなくて、ボールに当たらないのでは?と言う不安感もありますが、元々そんなに当たらないので、じっくりと取り組んでいます(笑)

まとめ

どうしても体の回転が止まっていまく打てない方は、一度このルックアップをお試し頂ければと思います。

実際のラウンドでは難しいと思われる方は、ドリルとして取り入れても良いのではないでしょうか?

実際、ドライバーはボールも浮いてますし、ヘッドも大きいのでやりやすい気がします。

そして、ルックアップで打った方が私の場合飛びます。

ぜひ、色々と試して見てください!





コメント

タイトルとURLをコピーしました